明石タコ釣行

IMG_1695
この7月後半の週末金・土・日と3日間連続の真たこの釣行となりました。
この連日の釣果は数えて狙っていた訳でも、ないんですが、なぜだか、8匹なんですね。?????
これは蛸の八ちゃんになぞっての数字なんでしょうか???
蛸の数は全体的に去年よりも、やはり少ないんじゃないでしょうか?
サイズは去年より大きいのがいると思いますが。。。。
また、このサイズが大きいためか、バラシが多いようにも思う。私だけでしょうか?
(7月30日に親父は実際2.5クラス2匹目をそこまで揚がってきて水面で顔も見れたのに痛恨のバラシあり)
私個人の釣果は、手釣りとジギングロッドあれやこれやと迷いがあるのかもう少しで、蛸ゆえに3タコ・3日坊主になるところで,かろうじて最
終日に竿で連荘2杯をかけました。
去年は手釣りばかりでやっていたんですが、今年も手釣りで仕掛けてみてもテンヤに乗ってくるような感覚がぜんぜんないのでスランプには
まっていました。
2.5kgの蛸を掛けた親父はテンヤがどーんと止まるぐらいやとかいうが、それがまったくない。集中しきれてないのか、蛸にそれがわかるのか、ぜんぜんだめでした。
朝1番にも竿が曲がりドラグがなるような重量のものを掛けていたんですが、これをバラシてしまったため、良くないスタートになりました。
ポイント移動後、何とかかたちにしました。乗船いただいた初めての方も7月30日は全員坊主なしでしたよ。(念のため)
今回イベントを実施していますが、数にこだわっていないので、サイズしばりで大きいのを狙うということで、今年はいいのかも・・・・と勝手にいいほうに判断しています。
現在イベントを行っていますが、今のところ№1サイズで1.3kgと2.5kgの約半分のサイズですので、十分チャンスはあると思います。
リベンジの方も、また初めての方もどんどん、どしどし参加してください。
手釣りテンヤ貸出し・さお釣りされる方はテンヤのみ貸出しも可能です。いずれも無料です。
バラシ・船べりに注意です。お待ちしています。
◆◆Tsuribune-Kakuta◆◆
【TEL/FAX】 078-912-4947
【OFFICIAL WEB SITE】
http://tsuribune.main.jp
【OFFICIAL BLOG】
http://tsuribune.naturum.ne.jp
【tsuribunekakuta on twitter】

tsuribunekakuta


【tsuribunekakuta on facebook】
http://www.facebook.com/tsuribunekakuta

太刀魚釣行準備

太刀魚が待ち遠しいこのごろなんですが、去年の釣行のポイントとしては、70mぐらいあるところをジギングロッドにスピニングで毎週のように釣っていると本当に肩が上がらなくなりました。(40肩か?)
乗船いただいたお客様の何組かは、電動リールで釣られているのを見させていただいて、すごくいいのが解った。
というのは、太刀魚は鈎掛かりさせたらテンションをとったまま巻き上げないとバラシが多いため、一期に抜きあげることができる。
また針掛かりさせてから、電動で巻かなくても揚げれるということもできるため、楽しめます。

108_0811
私自身釣行時、お客様をみながら、お祭りしていれば、絡んだ糸解き、鯵・鯖がかかれば、たま網をもってかけつけ、釣り上げたお客様と魚の写真をデジカメに収めます。
鯵・鯖釣りではろくろく写真がないのはそれでなんですが大変忙しい。
また、お土産釣りもしなければいけないので、そういう事態のときに仕掛けをすぐに巻き上げ
かけつける時にはやはり電動ということになります。
これで、すばやい??対応ができることも考えて太刀魚シーズン後から、着々と準備し、シーボーグ250FBの購入となりました。もう新しい300がでていますね。
これに合わせて、真鯛釣り・鯵・鯖釣りにリーディングXA55を購入しています。
次は、去年の太刀魚を越えるサイズと数をだす準備として、このリーディングXA55では食い渋るときには、太刀魚テンヤの鈎に乗せる合わせが遅れるため、太刀魚専用ロッドの購入です。
またシーボーグに合わすためこれもやはり、リーディングXLタチウオにしました。
穂先の感度を実感するのと、慣れるためシロギスで試釣を数回おこないましたがいいですね。
シロギスのあのビクッビクッと伝わる魚信は明快で期待がもてます。これだと釣れそう。しかも軽い。なによりこれがいい。そうそうバッテリーをもう1本購入する必要があるかも・・・・
なので、この感度に慣れておけば、太刀魚のあたりなんかなんのその!?
乗船いただいたかたも、これから乗船を検討されているかたも、サポートいたしますので、去年のサイズを越える大物を狙いましょう。
太刀魚準備しておいてください。
釣況により乗船募集あるかも?

播磨灘(鹿の瀬)

108_0831
現在、職漁でアジ・サバ釣りを行っています。
7月6日の釣果ですが、鹿の瀬で、いつもより、型は少し小さいみたいですが、
170匹ほどになります。
今後、台風の状況も気になるところですが、今週末、出船できれば期待できます。
予約状況はホームページにてアップしていますので、
乗船してみようかな?と思われるあなたは、一度覗いてみてください。
◆◆Tsuribune-Kakuta◆◆
【TEL/FAX】 078-912-4947
【OFFICIAL WEB SITE】
http://tsuribune.main.jp
【OFFICIAL BLOG】
http://tsuribune.naturum.ne.jp
【tsuribunekakuta on twitter】

tsuribunekakuta


【tsuribunekakuta on facebook】
http://www.facebook.com/tsuribunekakuta

釣果速報 メールマガジン発行

乗船いただきましたお客様また今後乗船をお考えのお客様に職漁・游漁船の釣況をお伝えするのに
メールマガジンを発行することにしました。
67081909289909962892D[1]
また、今年は去年にくらべると真蛸は少ないようです。
梅雨が明ければ期待できるとは思いますがはてさてどうなりますことやら・・・・
また、去年同様、太刀魚の釣況を待ちわびておられるかた、職漁でもポイントを狙っていますのでダイレクトにお客様にお伝えすることができると思います。
こちらのほうで登録できますので、チェックしてみてください。
http://www.melma.com/backnumber_160586

丸アジ・真サバ釣り

5月27日(土)釣り船予約が入っていないので、丸アジ・真サバ釣りへ午前2時に港を出港。
播磨灘のポイントへ約1時間かかるため、この時間での出港です。
また、北東の風が少しあるようでしたが、僚船と風もおさまるだろうということで、遠いですが、このポイントへ向けて職漁へ出ました。
乗船いただいたお客様、また、ホームページをご覧になったお客様游漁船とまた一味違った職漁の一面を紹介します。

IMG_1617
真夜中ですので当然、
海上は暗くその中を行き交う
航海船の航海灯をみながら、
進行方向を見分け操船する
ことになります。
後ろは、解りづらいですが、
淡路島の西浦の灯りと
明石海峡大橋です。
この写真、滑走感があり自分では、結構気に入ってたりします。
IMG_1618
側に見えるのがプロッター
車でいうGPSです。
その下側に見えるのが魚群探知機です。
船が滑走状態になると、深度と魚群は映りづらくなります。
実際には、これを見る場合は、
速度をスローにして見ることが
多いですね。

 

IMG_1623
白い台の上に乗っているのが、
操舵室から外で操船できる
いわばリモコンのようなもので、
前後・速度・舵・トローリングなど
を操作できるようになっています。
その下に見えるのが、羅針盤です。
プロッターが無かったころみんなこれでした。
また、船の材料としてFRPが出てくるまでは木船でスピードも遅く舵も重たかった。
(自分がそのころ子供だったこともあるかもしれませんが・・・・)
IMG_1622右下に見えるかごの中には、ビシ間が入っています。
これを、竿の先に付けます。
また、その先に仕掛けが付くわけですがそれが
左のかごの中に入っています。
鈎は30数本ついています。
仕掛けがほしい方は角田釣具店(親戚)で言えばつくってもらえるとおもいます。
こんな動画は希少だとおもいますので少し紹介します。
ボートトローリングされている方は興味あると思います。
無線が入っているため少々やかましかったりしますが・・・
こんな感じで仕掛けを投入します。


IMG_1630 IMG_1631
これが竿ですが、バット部分??は直径15cmほどのステンレスパイプになっていて、かなりの重量があります。竿先はグラスロッドです。鰆漁とかでもこの竿を使います。

 

IMG_1628それを右舷・左舷ともに立てます。
これがなかなか揺れる船上で
立てるのが難しいです。

IMG_1625

白い線が船の航跡でポイントをトローリングしたところです。
当たりが良かったところを何回か、曳きます。
竿の曲がりを確認しながら、ビシ間・仕掛けを手で引き上げて、アジ・サバを取り込みます。
アジ・サバなどは口が弱いため、ローラーなどは使いません。

 

これが当日の釣果です。

IMG_1638
上のかごの中のサバはゴマサバでなく、すべて真サバで、大サバになると浜値で、1匹/800円~1000円で市売りされます。
料理屋・消費者の口にする値段はいくらなんでしょうか????このアジもいい値段がつかないときなどは、おかず
に何本か市売りせず持ち帰ります。

以上、鹿の瀬・室津の瀬と真アジ・真サバ釣り上昇してきました。

5月12日の釣果(明石鯛)

今、明石ブランドのひとつである鯛が好調で、先日、12日こっそり、鯛試し釣り行ってきました。
(こっそりでもないか?ポイントにはプレジャーボートも含め30隻以上いたかな?)
結果、50cmサイズ、子持ちの腹がパンパンに張ったメス2枚でした。
餌はイカナゴを使用ですが、釣り餌センターのお母さんが、イカナゴの餌の仕入れもこの12日が最終とのことで、大きめのイカナゴをもらいました。
疑似餌でもOKですが・・・・

IMG_1587
朝、早くから出船していたら、もう2.3枚はいけてたかも????
のんびり出船で、9時前に出港でした。

リーディングXA55-205Ⅳを、本来このロッドの対象魚である、鯛を試したかったのもありました。
(手釣りで釣るのも心地いい引きを味わえていいんですが・・・・)
このロッドは強烈な鯛の引きにも難なくググッと曲がり、貯めてフワーと浮かせることができ、細かい、難しいことも、何事もなかったようにやってのけてしまうような気がした。

掛かったら最後(硬いあごを貫通させれば)バラシは、ほとんど無いような感じさえしてしまう。
何はどう、能書きよりも、むちゃくちゃ面白い!!!!
それに加え、手持ち電動で、いなしながら中速で、巻き上げていると、ドラグが鳴りそうになりはじめても強引に高速に切り替えると、パワー不足を感じることも無く50cmの腹ぼてぼての鯛がグワーと浮くんですねぇ。
あまりのあっけなさに逆に拍子抜けするぐらいでした。
(3号ハリスで揚げていますが)

手釣りではこうはいかないですね。
13:30頃潮止まり前、立て続けに2枚でした。
14:00ポイントを離れました。その他、丸鯵・鯖・黒メバルの釣果あり、ぼちぼち、鯵鯖いけそうですね。
明石ブランドの鯛行きましょう!!

IMG_1588
(イカナゴを食しているので、天然ものは旨い)

 

 

 

 

#明石鯛

予約お待ちしています。!!!!

◆◆Tsuribune-Kakuta◆◆
【TEL/FAX】 078-912-4947
【OFFICIAL WEB SITE】
http://tsuribune.main.jp
【OFFICIAL BLOG】
http://tsuribune.naturum.ne.jp
【tsuribunekakuta on twitter】
http://twitter.com/tsuribunekakuta
【tsuribunekakuta on facebook】
http://www.facebook.com/tsuribunekakuta

明石・タコ検定

062kentei1
明石といえば、蛸と鯛が有名ですが、明石・タコ検定なるものがありました。
淡路島を眼前に望む明石のまちは、海峡のまちとしてもよく知られています。

“明石・タコ検定” の続きを読む