明石タコ釣り2019/5/1~8/31の平日ご予約受付開始します

明石の釣り船角田(つりぶねかくた)です。
いつもご購読、ご利用ありがとうございます。
当船の明石のタコ釣りのご予約についてのご案内です


5月〜8月のマダコ釣りは当ブログの2019年の釣り船予約カレンダーの内容通りで(火・水を休日とし)土曜日を除く平日のみご予約お受けさせていただきます。

 

 

土・日・祝日のご予約については2019年3月1日から受付開始はお知らせしました通りですので宜しくお願いいたします。

電話予約とメールで同日重なることがある場合はメール予約を優先させていただきます。(また、3月16日まで期間を設けご予約がバッティングする場合は調整させていただきます。)

 

電話は090-5092-4819
メール予約ください。

ご相談など返信させていただきます。

明石市漁業組合連合会(蛸釣り許可旗)

またほかの釣りもの(タチウオ・ハマチなど)についても同様、
3月・4月及び9月〜12月までの、平日も土・日・祝全て1年前より1年間分、ご予約受付致しますのでご予約ください。
お待ちしています。

解りやすく表にしました

釣りもの 平日の
ご予約開始日
土・日・祝の
ご予約開始日
明石タコ釣り
(5月1日〜8月31日)
 2018年12月11日より

 

(2019年3月1日より)
明石タコ釣り以外
(3月・4月・9月~12月)
 日程決定のメンバーは
 左記期間
(2019年1年分)
日程決定のメンバーは
左記期間
(2019年1年分)

★20202年のご予約の受付はこのブログ(Wpress blog)のTOPページでアドレス登録いただくことでメールが届きますので是非ご利用ください

★マダコの釣果を記載しますのでご参考に、ご検討くださいマダコ 釣果


メール予約及び釣り船予約フォーム(WEB予約)では2・3日前でお願いします。

釣行近日は電話で前日までにお願いいたします。

初めてお目にかかれるお客様に会えなくチャンスロスになることも考えてのことですので是非、皆様で釣行日をご検討いただきご予約いただけることをお待ちしています。

WEB予約
(Wpress Blogは釣り船予約フォーム・Home pageはメール予約)
は予約日を複数日入力しやすいよう3日分入力出来るようにしておりますのでご利用ください。

ご常連皆様は下記ページ予約フォームをご存知ですので飛ばしてお読みください。

 Wpress Blogの釣り船予約フォーム(ご予約日入力部分画面)

Wpressブログ(釣り船予約フォーム)予約日入力部分画面

 

 Home pageのメール予約(予約日入力部分画面)

ホームページ(メール予約)予約日入力部分画面

2019年5月分の 釣り船角田 釣り船予約カレンダーは下記のページでご確認ください。

2019年5月分 釣り船予約カレンダー

乗船人員を13名で船員2名の乗客人員11名で登録変更しました。
現在、最大8名様のご乗船ですが9名様にします。
もちろん、保険人数も11名変更済みです。

仕立て料金を改定させていただきます。
来年の10月には消費税10%もありますがその折には変更無く年内以下の金額でご提供させていただきます。

仕立て料金について

乗船料金

 

下記、設備投資など、お客様から頂いた代金で益々設備投資などで還元いたしますのでご支援賜りますよう宜しくお願いいたします。

 

設備においても今年はDGPSや電動トイレなど設置しました。

これからも新設など改善して参りますので変わらぬご愛顧のほど宜しくお願いいたします。
また、個人生簀など皆様ご意見ください。

 

マリントイレの設置
トイレがあものの常設のトイレが無くて女性同伴のメンバー様には敬遠されていたことと思います。

兼ねてからご要望もありましたトイレを設置させていただくこととなりました。
11月の中旬以降から5月上旬から始まるタコ釣りについても活躍することと思います。
釣果はもちろん、設備においても満足の行くよう整備していきますので益々のご利用ご支援のほど宜しくお願いいたします。

 


下記の写真は簡易トイレでしたが・・・

この簡易トイレも利用できますが電動マリントイレを新設しましたので女性同伴の釣行も安心してご利用いただけます。

ご利用の際はお声がけください。
(電源を入れないといけないため)

①男性の場合、立ちション厳禁! 小の方も座ってご利用ください
②設置しているペーパーをご利用ください
③配管が詰まりますのでペーパー以外のものは流さないでください
ご協力宜しくお願いいたします。

右舷後方に設置
電動マリントイレ

2019年の明石タコ(マダコ2.0kg〜3.7kgまで)釣果ギャラリー

明石タコ釣りの仕方

明石の仕立て船 釣り船角田(つりぶねかくた)です
ジギングも餌釣りも仕立てます
船釣りの楽しさを提供しています!


・明石ブランドのマダコですがタックルや釣り方などのコツなど少しでもお役に立てれば幸いです。
またご乗船にお気兼ね無くお声掛けください

=目次=

ロッド

リール

誘い

マダコの視力は

 


⚫️竿はタコ専用竿をお使いください。

昨年の8月に投稿したものですが今年に加筆修正しました。
折角の明石ブランドであるタコ、この価値あるタコを1杯でも多く釣るのに誤魔化しや間に合わせなどの竿では勿体無いですよね。また年に数回も釣行するならなおさらでしょう。
中には毎年乗船されるメンバーで専用竿とリールを全員揃えられたメンバーもあります。上達を目指すのなら専用竿をお使いください。

今まで安易に釣れているから?必要性を感じないかも知れませんね。ほかの釣りものの様に拘りがあるならタコ釣りも是非検討してみてください。
それだけ明石のタコはブランド品、価値はありますよ!

【追記】:DAIWA METALLIA EGITAKO
メタリア エギタコ

 

⚫️電動リールは手が出ないというかたは
ELAN WIDEPOWER OCTOPUS SPECIAL IIです。
色々と釣具店スタッフと相談しながら納得のいくものをもつのが一番です

2017年。パワーノブと国産PEライン付き。 「ドラグパワー12㎏」衝撃のデビューから関西エリアで爆発的な人気を誇り 一時品薄状態になったエランワイドパワーオクトパスSP。 2017年はオクトパスSPⅡとなり、国産YGKラインPE3号200mと 更なるグリッピングを約束する43㎜パワーノブを出荷時に標準装備。エランワイドパワーオクトパススペシャルⅡ

上記ベイトリールはカウンターはないですがPE2号を巻いておけばドラグ12kgですから余裕の太刀魚にも使えますしね。

 

カウンター付きなら棚で釣る太刀魚釣りにも使用可能ですね。

【追記】オシアコンクエストCT [OCEA CONQUEST CT]
オシアコンクエストに、フォールレバーとデジタルカウンターを装備したモデルが登場。

 

オシアコンクエストCT [OCEA CONQUEST CT]
オシアコンクエストCT [OCEA CONQUEST CT]300HGお勧め

 

DAIWAカウンター付きではライトゲームX ICVです。

ライトゲームX ICVライトゲームX ICV200H 200HL

PEが高切れしたことも考えてPE2号で巻くなら200m以上巻ける200Hや200HLでこのスプールサイズがあるものがおすすめです。

感度の悪い竿、剛性の悪い巻き上げの遅いPG(パワーギア)のカワハギ釣りなどに使うようなダブルハンドルのリール
竿とリールのセットで太いPE5・6号を巻いたもの、カザリ(ポンポンみたいな・・)などをたくさん付けた仕掛けなど
船を磯に着けてその一等地にピンポイントで当てても潮に流れて狙ったところに届かない!浅場で10mまでならいいですけどね。

手巻きは巻きは重いですがHG(ハイギア)で剛性の高いものです

 

⚫️深場は電動リールですがベストは

SIMANOのフォースマスター300DH/301DH[ForceMaster 300DH/301DH]SIMANOフォースマスター300

PE2号で150m巻き量が心許ないなら

フォースマスター400 / 400DH / 401/ 401DH[ForceMaster 400 / 400DH / 401/ 401DH]SIMANOフォースマスター400

楽楽モード:リールにかかる負荷に合わせて、常に一定のテンションを保ちながら巻き上げます。
大型魚がかかってもブレーカーが上がりにくいやり取りが可能です。
どちらも楽楽モード搭載ですので身切れなどバラシが少ないですね。

等速巻き上げができるので深場のタコはバラシが軽減できますね。
但し巻き一気にスイッチをトップスピードでは身切れします。
合わせでしっかりと掛けているなら大丈夫ですが潮の速い時や船の揺れなどは竿の感触や重みなどタコの大きさに合わせた安全な巻きスピードでスイッチを調整してください。

 

⚫️タコの釣り方は(タコエギ)
・釣り方の方法はいくつかありますがまそのうちからご紹介します
仕掛けを投入してエギの着底を確認出来たら竿を上に(錘の負荷が掛かった状態で竿先は曲がった状態、エギは海底から離れない程度)竿を持ち上げてから下に(錘が海底に着いて竿先は真っ直ぐなる状態)糸の張り(テンション)を掛けた状態で上げ下げする1・2・3とリズム良く錘で海底を叩きます

このことでタコへの誘いになります。自分のリズムがあると思いますが必ず止め(ステイ)を入れてくださいこの時にタコが乗ります。
また底にステイする間も長くしたりして乗り易くするのも効果的ですのでやってみてください。慣れてくるとタコの乗りが分かるようになります(感度の良い竿+PE2号)ならなおいいですね

リールハンドルに手を掛けた状態で1・2・3などで竿先が反発して竿先がお辞儀をした状態で重みを感じたら乗っている状態です。

これが確認出来たら慌てず(しっかりと乗せる)ゆっくりと糸を巻き取りながら竿先を下げ(掛け幅を取る)竿先が下がった状態から一気に上に(これ重要)大きく合わせと同時に巻く(竿を上げる)
その後は掛けたタコの大きさや竿の特性(長い竿・硬い竿・柔らかい竿)で竿の角度はテンションを掛けた状態の角度を保ちながら巻き上げる
この時の『巻き上げ速度は一定に』と言いますが船は他船などの波で揺れていますね。

リールを巻くのが一定だとテンションが緩み抜けることになります。
一定とはタコなどの釣りものを一定速度で巻き上げることで足元が下がればどうなりますか?

テンションは抜けますね。その時の対処法はどうでしょうか?

身切れしない程度に少し速く巻くことが正解です。
逆で足元が上がればテンションが強くなりますので竿の弾力を利用したりゆっくり巻いたりして対応するようにします。

そうすると釣りものは一定のテンションがかかったまま上がってくることになります手動楽楽モードですね。

叩くリズムはやり込むと自分のリズムが出来てくると思います。
タコの乗りの効き方で2や3でステイするとこの時にエギなどを見ていたタコが乗るそのステイの後に竿を持ち上げる時重みがあるかを竿先の目感度や手元の感度で確認するわけです。

潮の動かない浅場などでは1・2・3などと同じ振幅幅で叩くのを錘が底に着いた状態から1回目より2回目の上げ幅を少し大きく上げるここでは底から5cmほど上がっていると思いますこうすることで乗りが良く分かります。下げた時もテンションを抜かないこれはあくまでテンションを掛けた状態でないと手元に伝わりません。小学校で作った糸電話を思い出してみてください。張っているからこそ伝わります。

完全に乗ったことがわかったら一度、錘も底に寝かせる状態にエギも海底についている状態にしてやるとタコも乗りやすく良いところに掛かるのでいいんです。

それはなぜかというと、PEやリーダーはテンションを掛けたままだと海底から立ち上がった状態になるのでタコも方向により乗りにくい状態ではないですか?

確実にしっかり乗せるには手釣りと同じで乗る間を作り頃合いをみて一気に竿を上げること掛けるようにすればバラシも少ないですね。

大ダコになると掛けた瞬間どっしりとした重みが感じれる瞬間で巻き上げている途中は軽くなったり重くなったりフワフワと泳いでいるのが分かりますね。

ここでも上記説明しました。釣りものに対する一定速度で巻き上げるですね。
軽くなればハンドルを速く巻く重くなれば身切れしないようにゆっくりと竿の弾力を使うなどして上げてきます。
船の底近くまで上がって来てから要注意です。

船底に貼り付かれないようしないといけません
PEなどの糸が船の下側(自分の立つ足元)など上がってくるときなど立った状態で竿を海中に突き刺すような巻き方で船底より離すことでこのような状況は回避できます。

船の流れるスピード速い場合や糸の張り具合(テンション)で張りすぎる(これは自分のタックルや経験で判断してください)とタコは乗らないまたは乗りにくいので緩めて底にステイなどしまた少し張るようにしたり乗りを確認します。

スプールの糸がたくさん出たらリールを巻いて段々と自分の方に寄せては海底に落としてアタリを探るなども出来ますが、巻く距離が増え上げるときにバラス原因が増えることにもなるので掛け爪などを確認する意味も含め一度上げてまた足元に落とすことを繰り返す方がいいですね。

 

 

⚫️叩くことの重要性
叩くことにより磯の凸凹を交わす効果や誘いの効果がありますのでこの叩くという動作は重要です。

⚫️錘は六角のナス型をお使いですか?
テコの原理で棒錘の下を支点とし上側のリーダーが力点で作用点はエギとすると棒錘の方がエギなど良く動きますよ。竿を上げる動作では海底から棒錘の長さ分底を切らずに高く動かせることができると思います。

⚫️深場攻略は?
タタキ幅は水深にもよります40m先のエギは動いていますか?
柔らかい竿で潮が速くなると既に曲がった状態になり竿先は上下せず竿だけがフニャフニャと曲がっている状態で動かしているようでもエギは動いていませんね。
水深に合わせた叩き幅で竿を動かすようにしてください。
深い場所また磯はエギやテンヤをおすすめします。

⚫️掛け損ないの合わせは?
タコが乗ったと思い大合わせしてもそれが大きな誘いになって遠くにいるタコにアピールしていることになりますからどんどん合わせてください。

 

ワンナック(デビルスッテ)

ワンナック(デビルベイト)

スタンダード(赤/白)
シャロー(緑/黄)
ディープ(黒/グロー(夜光))
です
日中
シャロー水深0〜15mメートル
スタンダード水深15〜25メートル
ディープ水深25メートル以上
くらいを目処にしておりますが明るさや潮の色なども影響するのでその日にあったパターン見つけると釣果上るそうです

 

 

カンジーインターナショナル

カンジインターナショナルさんスッテ(プロトモデル)

 

カンジーインターナショナル(プロトタイプ)

2019-6-13釣行 マックスオリジナルスッテなどは

6月13日(木)の釣果(マダコ船中58杯)

当日のヒットエギ・スッテなどはこちら 【明石船タコ】女性スタッフとAZタコエギが大活躍!フィッシングマックス釣果情報

 

⚫️マダコの視力は

マダコの視力は・・

タコエギカラーはこれでした

『ジギングから餌釣りまでエキスパートな貴方が釣り船初心者を連れ家族や仲間で釣行するなら仕立て専門の釣り船角田』

カレンダー空き状況をご確認できたら
↓  ↓ ↓

明石釣り船 釣り船角田
明石釣り船 釣り船角田

◉釣り船角田(つりぶねかくた)予約状況
(5月〜8月まで休み以外マダコ釣りで出船)
ブログの釣り船予約カレンダー

 

◉ご予約は24時間365日ご予約可能
WEB(メール)予約(ホームページ)からは

ホームページのメール予約

ブログの釣り船予約フォーム

 

 

◆◆釣り船角田(つりぶねかくた)◆◆
【MOBILE PHONE】 090-5092-4819
【TEL/FAX】 078-912-4947
【OFFICIAL WEB SITE】
https://tsuribunekakuta.com
【WORDPRESS SITE】
https://tsuribunekakuta.com/wpress
【tsuribunekakuta on twitter】
https://twitter.com/tsuribunekakuta
【tsuribunekakuta on facebook】
https://www.facebook.com/tsuribunekakuta